FC2ブログ

確定申告の期限が過ぎたのに僕がいまだに提出していない理由


20180317002.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

今月と先月は人生の中でもいろいろありまくりまして、

なにやら現実に向き合うのが難しかったのであとにあとに伸ばしてしまった確定申告ですが、

先週末にはインターネットを利用して記入し、完成させていました。

なのに僕の手元にはいまだにその書類があります。なぜか?

それは添付書類がなくなってしまったからです。

 
あれれ~?おかしいなぁ~。

記入するときには確かにあった「退職所得の源泉徴収票」が無いのです。

細かいことなのですが、退職所得の源泉徴収票は手元に2枚ありました。

源泉徴収額が書かれていないもの(古いもの)と源泉徴収額が記載されてから前職から郵送されたものです。

このうち必要な新しい方、源泉徴収額の記載がある方が無くなりました。

これをもとに書いたので確実にあったはずなんですけどね。

ここからが面倒なところ。

月曜までに見つかれば期限の15日には間に合うだろうと部屋をひっくり返して探しました。

しかし見つからず。

調べたら幸いなことに還付申告は期限を過ぎても問題ないということなので安心しましたが、

何とかしないといけません。

とりあえず税務署に電話しました。

還付申告は期限が過ぎてもいいという確認と源泉徴収額記載のない源泉徴収票(古い方)じゃダメか聞くためです。

すると受付の後、なんかムカつく口調の税理士につながりました。

用件を伝えると、いいのかわるいのかだけ教えればいいのにこの税理士というやつが人を小ばかにした口調で、

そもそもなんで確定申告するのか?退職所得を申告する必要はないでしょう?など聞いてきました。

退職所得を申告したいんじゃないです。還付申告をしたいんですよと言うと、

なんの還付申告ですか?などとどうでもいいことを聞いてきて、事細かに答えると、

退職所得というのは特殊で所得控除額も多いんですよ。だから源泉徴収されない場合も多いんです。

と言ってきます。知ってるわ!!でも源泉徴収額書いてあってそれを見て記入したんだから!!

さらに、還付申告の額が給与所得からの源泉徴収額からの還付で収まるなら退職所得の申告はいらないんですよと言ってきます。

何だろうこの人、口調があれなだけで親切なのかもしれないと思ってきました。

いや、給与所得がめっちゃ下がったので退職所得の源泉徴収と併せて特例控除してほしいんですよと言い返すと、

「え?じゃあ退職所得の源泉徴収票が必要ですよ?源泉徴収額が記載してないものは使えませんよ?」

初めからそれ答えろや!!何十分ぐだぐだ話とんねん!!

電話代こっちなんだから用件だけ答えてよ!!(仕事中だぞ。まあそれはいいんだけど)

ということで一瞬でイェスかノーで答えてくれればいいものを30分くらいかけて聞き出し、

今度は前職の本社に電話しました。

そして顔見知りの人事担当者の女性にクールな嫌味を言われながらなんとか再発行してもらえることになりました。

嫌味はクールすぎてビビりますがとても親切な人で、翌日に速達で届きました。

当日に再発行の手続きをして速達で送ってくれたことになりますからね。

そして僕は週末に送ればいいやとまだその封筒を開けてもいないわけですが…

本当にとことん怠け者のクズ野郎です。明日やろうね、うん。

明日はひさしぶりに畑仕事もやろうと思っています。

ジャガイモを植えて、玉ねぎの追肥と成長具合の記録、長ネギのことについて記事にしたいと思っています。

優待についての記事も書きたいんですけどどうしようかな。

いろいろ書きたいことはあるんですが面倒だったりゲームやりたかったりでこっちも先延ばしにしちゃうんですよね。

そんなわけで何事も早め早めにやらないといけないとわかってはいるけども、

そんな立派な人間にはなれずにぐだぐだしちゃうよねという話でした。

今日はこの辺でノシ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 Comments

Post a comment