職場内移動、研修が終わり、本配属。上司からの期待も厚く辞めづらい空気になっていく気がする。


temp20170526.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

2週間にわたる職場内での研修が終わりました。

本人には知らされませんがこれは職場内での配置転換をして様子を見て、

評価が良ければ配属が変わるという趣旨で行われていました。

したたかな僕の耳には入っていたのでここで何としても頑張ろうと決めていました。

なぜならこの配置転換がこの職場での天国と地獄を左右すると思ったからです。

以前に書いた記事

底辺契約社員の僕、配置転換に喜ぶも気を引き締めなくてはならない。

今日は定時に仕事が終わり早く寝すぎたために今起きているというわけで…最高。


上司にプレッシャーをかけられる。僕の仕事は今後どうなるのか…

時間のある方はこちらを読んでもらえばわかりますが、

単純労働作業(夜勤あり)・平均残業時間月40時間か、頭脳作業(夜勤なし)・平均残業時間20時間か。

それを決するのが今回の移動です。

仕事は楽な方がいいし、夜勤なんてしない方がいいに決まっています。

そして結果が出ました。

結果として配置転換が決まりました。やったぜ。

覚えることもたくさんありますが、印象がいいように勉強もして、

直接の上司からの評価も厚くなりました。ここまでは僕の思う通り。

しかし、どんなにいい銘柄を買っても、市場相場の流れに逆らえないように、

この研修期間中にいくつかの変化がありました。

一番の中心は同じ日に入社した同僚αの存在です。

久しぶりに会った同僚の顔がやつれていた。

悩んでそうな同僚の話を聞いてあげようと食事に誘った結果

同僚が本当に空気が読めなくてムカつく。なかなかいないレベル。

ブログに人の悪口を書くなんて感じ悪い。そう思う人もいるでしょう。

ですが本当の被害者は僕です。1つ、追加のエピソードを書きましょう。

いかにこいつが空気を読めないのかわかるはずです。

昼の休憩、僕は最近、自分の使っているデスクで突っ伏して昼寝をしています。

誰にも干渉されない少数しか入らない部屋にあるデスク。静かで最高です。

先日も、ご飯を食べた後、残りの30分ほどを寝て過ごそうと思っていました。

眠りに落ちたころ、肩を叩かれました。

昼休憩中の寝ている人間を起こすなんてよっぽどの理由かと思い飛び起きました。

そこには同僚αのニヤついた顔がありました。

僕「え?何?どうした?」

α「いやぁ~休憩室に居ないからどうしたかと思ってwwwなに?疲れてんのwww?」

僕「(お前に会いたくないからだよ)いや別に疲れてないけど、何?用事があるんなら聞くけど?」

α「いやぁ特にないんだけどwwwいなかったから。そんだけwww」

僕「あぁ、そうなんだ…」

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!??

用もないのに寝ている人間を起こしますか!?

こいつ自分が寝ていて起こされたらめっちゃキレた顔するだろうに。

本当に人の気持ちを考えられないやつだな。そして空気が読めない。

普通の空気が読める人間ならまずこの隔絶された空間にある部屋に入ってこないし。

ここで仕事をする人間かここに用のある人間以外は入らないような部屋ですよ!?

僕だって配置変えされるまでほとんど入ったことなかったし。

そんな心の壁をいけしゃあしゃあと突破してくる。ATフィールドが効かないとか使徒ですよ。

びっくりして起きたからそのあと眠れないし!!なんなんだよこいつ本当に嫌いになりました。

なんなんだよ。会話に草(www)生やしてんじゃねーよ。あとなんで会ったときからため口なんだよ年下だろ!!

それから一度、休憩室で僕と上司の会話に割り込んできたときにぴしゃっと厳しいことを言ったきり、

会話をしていません。もうこいつに気づかいは不要でしょう。

話が戻りますが、この同僚αが夜勤は嫌だと駄々をこねたことで現場に動きが生じました。

αは近々移動になると小耳にはさみました。

僕が努力と運と計算で手に入れた夜勤なしの権利を、子供のような手段で手に入れるとは。

恐ろしい子!!このゆとり野郎!!

しかしこれも聞いた話ですが評価が良くない上に今回のトラブルで上長はお怒りです。

おそらく試用期間で切られるか、契約延長。部署移動後もあの業務力ではいいことは無いでしょうね。

僕の目に入らないところで幸せになってほしいです。

そこでαの替わりに移動させられるのが僕の今の配属先で一目置かれていると思っていた同期Ωでした。

ここまでは予想できなかったのですが、この同期Ωが突然の移動により印象が薄くなったこと、

同じ日に入社した同期αと僕との相対的評価、低すぎるハードル。

そして僕の真面目さ。これが思ったよりも効果がてき面でむしろ効きすぎてしまいました。

先日、休憩室で課をまとめる立場の上長がため息をついていました。

どうやらαの件について、移動やら穴埋めやらの手続きをしたあとらしく、

昼寝ねこみたいなのが入ってくれれば安泰なのになぁみたいなことをこぼしていました。

その後もちょいちょい、この口の悪い上長からお褒めの言葉が出るようになりました。

有難いんですが、僕が思っていたより評価がすこし高すぎます。

僕は学校の委員会でも副委員長、部活でも副部長をしていました。

副がつくと実務より実益の方が大きいと思っているからです。作業は無いのに内申書の評価は上がるし。

だから同僚Ωの次くらいの評価で数年働こうと思っていたのに、どうやら評価がΩより上がってしまっています。

直接の上司には「ゆくゆくは私の仕事をやってもらうからね」と言われてしまいました。

この人は本当にすごい人です。やさしいし教え方もうまいし知識も豊富。

なのに偉そうでなく分析の仕事以外に対外的な業務までこなしています。

そんな人の仕事を引き継いでしまったら…辞めづら過ぎるでしょう。後釜どうするんだよ…

僕は5年くらいでセミリタイアする予定なんだからそんな重責を負わせないでください。

そんなこと言えるはずもありません。

つまらなくても単純労働で5年後にすんなり辞めるほうが良かったのか?

そんな思考が脳裏を過ぎります。

5年後にどうなっているのか…わかりませんがセミリタイアするのは絶対だと今ここで宣言しておきます。

5年後の僕!!この記事を読み返してくれ。周りのプレッシャーに負けるなよ!!

言うてもまだ僕は契約社員。まずはすぐに社員になれなかったら辞めるんですけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 Comments

Post a comment