底辺契約社員の僕、配置転換に喜ぶも気を引き締めなくてはならない。


temp20170526.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

現在僕は検査グループで検査という名の雑用を昼夜交代でやっています。

派遣がいなくなった欠員を埋めるために入社時の話に無かった夜勤をやっているのです。

それに派遣社員と同じ軽作業という名の梱包・雑用・力仕事。

今月の給与明細でわかったんですが、

うちの会社に、あるいは契約社員に夜勤手当てがないのです。

なので夜勤をしても寿命を縮めるだけでなんのメリットもありません。

いや、仕事は気が楽なのですごいいいんですけどね。

先日、朝礼で11月中旬に僕の配置転換が伝えられました。

かねてから希望していた検査G内の分析への配置転換です。

ここは夜勤もなく、残業も少ない!!そして適度なデスクワーク。

金のかかった機材、区画分けされた部屋、落ち着いた雰囲気。

僕が残業で辛い梱包や雑用をしているあいだにスッと帰っていきます。同じ検査Gとは思えませんね。

多能化を図るため一旦の配置転換ということですが、

何がなんでもこのチャンスをつかまなければなりますまい。

ここで結果を出してポジションを確立することが、残りのサラリーマン生活の安寧につながります。

しかしここには、既に僕より数か月先に配置されたライバルがおり、熾烈な競争が予想されます。

僕と同時期、7~10月に採用された契約社員は10人ほどいます。

いままで積極採用してこなかったけど、事業規模の拡大を理由に採用しているそうで、

実際には今の長たちがそろそろ定年なので人手が足りないという方が強い理由に感じます。

2か月いた感じでは検査に配置されたとはいえ、

経験がなかったり、社会人というかただの主婦じゃんという人もいて、僕が頭角を示すにはちょろいと思っていました。

未経験でどんくさい人は他部署に移動になり、主婦たちは検査と言っても目視の方に割り振られるよう。

女性はいいよな。普通にしてれば特に評価もなくのんびり目視検査で社員になれるんだからさ。

出世の対象にはならず、残業も早々に切り上げて帰宅。

そんなパートみたいなことしてて、社員になればそこそこ貰えるんだから。

僕もそっちがいいよ。

男は違います。どんくさければ製造という名の地獄送り、

パッとしなければ夜勤・雑用係にされます。ずっと立ちっぱの梱包作業は辛い。

大卒でダンボールを作ってるとか僕の人生なんなんだろうと思っちゃいますね。

まぁ社員になってそこそこの給料をもらってダンボール作るなら、責任もないしこんな良いことは無いけど。

しかし、来月移動する分析には既に頭角を示しつつある同時期の契約入社の人がいます。

上司の話ではこの人は既に一定の評価を得て、分析室の席を揺るがぬものにしているようです。

工学部卒で機械に強い、前職の経験を活かして作業習得も早い。

これはあれですね、勝てないやつですね。

いいんです。勝てなくていいんです。むしろ2番でいたい。

なぜなら僕はセミリタイアラー。目立たぬようにかつ一定の評価を得て『不動の昼寝ねこ』として、

分析ポジションにとどまりたい。出世とかはその人にしてもらいましょう。

そのためには仕事でミスしないこと。どんくさいと思われないこと。

分析機器については行ってみないとわからないけど、

統計とエクセルの勉強なら家でもできます。ノギスとマイクロメーターは前職で持ってきたのがあるし練習しとこう。

とにかくもう梱包とかやりたくない!!夜勤は体に良くない!!ダメ!!絶対!!

そのためならスキルアップくらいしてやるさ!!やってやるさ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 Comments

Post a comment