FC2ブログ

生命保険料控除をしゃぶれば利回り10%超え!?明治安田生命の「自分の積立て」に申し込み


2017y10m25d_230849523.jpg

こんばんにちは。昼寝ねこです。

昨日の朝に、サラリーマンをやっているうちに生命保険料控除を受けるべきと思い始める。

という記事を書きました。セミリタイアを目指す僕にとって、今は苦行のサラリーマン生活ですが、

このサラリーマン時代をどう立ち回ったかによって将来の生活が大きく変わってくると言っても過言ではありません。

所得がたくさんあるサラリーマンのときにこそ所得税を控除して節税する方法を探す必要があると思います。

今回はそんなサラリーマンにうってつけの保険を知り、飛びついた次第です。

それがこの明治安田生命の「自分の積立て」です。

CMでもやってましたよね。気志團のワンナイトカーニバルの音楽のやつです。

正直、あのCMじゃ何も伝わらないし興味もなかったんですけどこれがすごい保険だったんですね。

冒頭にも画像を貼りましたが、
2017y10m25d_230849523.jpg

2017y10m25d_231043512.jpg

〇毎月5000円から20000円を5年間積み立てると、10年後に+3%で受け取れる。

〇元本割れがなく途中解約しても100%戻ってくる。

内容はこんな感じ。投資をかじっている人にとってこれだけだと…

10年で3%しか利息が付かないとかゴミかよ!と思う人も多いですよね。僕もそう思います。

しかしこれには素晴らしいトリックがあります。

それはこの保険が『生命保険』であることです。

もし契約者が死亡した場合には掛け金の1.1倍が遺族に支払われるという取って付けたような生命保険商品なんですね。

こんなはした金では葬式もあげられませんよ。

しかしだからこそ生命保険として認可されており、生命保険料控除の対象となります。

生命保険料控除は、

年間8万円以上の生命保険支払いに対し所得税4万円、住民税2万8千円の控除が受けられる税制優遇措置です。

2017y10m25d_235053258.jpg

今回の保険では1口5000円ですので、

僕は満額控除を受けるために2口の申し込みとしました。

自分の所得により税率が違いますが、課税所得が330を超え695万以下だと、

所得税約20%、住民税約10%なのでおよそ10800円の節税になります。

課税所得が195万を超え330万以下だと、

所得税、住民税共に約10%の控除になるのでおよそ6800円の節税効果です。

僕は来年からたぶんおそらくまともに正社員になるので330万以上695万円以下の所得になるでしょう。

毎年10800円の控除+利息18000円で72000円、単純計算でなんと12%の利回りになります。

60万円だけですが、ノーリスク資産として10年で利回り12%なら美味しいですよね。

そして確認していませんが、この保険はおそらく一般生命保険です。(個人年金保険でも僕は構いませんが)

2017y10m25d_235111282.jpg 
現行の生命保険料控除では3種の控除それぞれに限度額が設けられているので、

この保険の控除を受けても介護医療保険料の控除は並行して受けられるんですよ。

なので来年は医療保険の加入を絶対にすることにします。これで節税しながらセミリタイア後の医療負担問題は解決です。

さっそく朝一にネットで申し込みました。

夕方に連絡があり対面での契約の日取りも土曜に決まりました。

調べるとカステラ貰っただとかカフェで奢ってもらったとか景気のいい話が出てきますが

何かくれるのだろうか?自宅に二人くるらしいんですがそのときまた報告します。

それではノシ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 Comments

Post a comment