ニート・無職になるために必要な金額は?

 
ニート・無職になるためにはいくら必要でしょうか?

ネットでこんなことを聞くと5000万円だという人もいれば1億以上必要だという人もいます。

その人のライフスタイルや配偶者の有無等によっても変わってくるでしょう。

僕のようなぼっち引きこもり体質の人間が、最低限の生活を送れる無職になるのはいったい必要でしょうか?


まずかかってくるのが税金です。

所得が無ければ所得税はかかりませんが、住民税と健康保険は払わなければいけません。

国民年金は減額か免除でいいと思います(どうせ大してもらえないし)。

ここではざっくり考えて毎月5万円くらい見積もっておくことにします。

年間に60万円かかるとしておきます。


次に食費。

これは野菜と卵は一部自給するとして1日の食費が500円くらい?

とすると年間20万円になります。

次に電気ガス水道ネット電話のインフラ料金。

だいたい月に2万で年間25万。

つつましく貧乏生活をすれば年間120万くらいあれば足りるようです。

35歳で無職になるとして65歳まで3600万円必要ですね…。

老後のことも考えないといけませんが、ニート・無職になれば時間は無限にあるので

何か収入になるものを探せばいいし、たまにバイトするくらいなら働いてやってもいいです(上から)。

ですが一番は働いてるうちに不労所得の手段を何か得ておくことだと思います。

このブログでは頑張ってお金を貯めて不労所得を得られる方法を模索していこうと思います。

目標は35歳までに3000万円貯めてサラリーマンを辞めることです。

0 Comments

Post a comment