FC2ブログ

楽天証券とSBI証券の会社間のお金の移動について整理しておく

 
c189e317.jpg 




こんばんにちは。昼寝ねこです。

僕はよく信用取引において楽天証券で取引したい株があるのに楽天証券にお金がなくて、

SBI証券にはお金があるという事が良くあります。機会的損失につながります。

当日すぐにお金を移動したいというとき、振り込みでは間に合わないこともあり、

ATMで大金を出金して他行に入金しなおすという事も過去にありました。

必要なときにお金がないという事を減らすためお金の流れを整理しておきたいと思います。

まずは自動スイープについて

楽天証券⇔楽天銀行間
SBI証券⇔SBI銀行間

これらは自動スイープ機能あり。何もしなくても銀行にお金があれば取引できます。
自動スイープでは基本、余力の全額が銀行にお金がある状態になってます。(自分で設定できます)


楽天銀行にお金があってSBI証券でお金が欲しい時または
SBI銀行にお金があって楽天証券でお金が欲しい時は


SBI証券でリアルタイム入金を使えば楽天銀行からも即時入金できる。
ゆうちょダイレクト、ジャパンネット銀行からも即時入金できる。
そのため、自分名義の銀行にお金が入っていれば問題なく即時取引できる。

各証券会社から出金する場合

楽天証券⇒楽天銀行 即時出金
楽天証券⇒他銀行 15:30までなら翌営業日
SBI証券⇒どこでも 15:30までなら翌営業日

SBI証券からの出金は時間のロスが発生しますね。通常お金は銀行にあるけど使うときは気を付けないと。

自名義だけでお金を動かすなら楽天銀行・SBI銀行どちらかにお金があれば即時入金で対応、

ただしSBI証券にお金がある時は出金に時間がかかるという事ですね。



では、仮に自分ではお金を持ってなくて他人から一時的に借りる時はどうでしょうか?

例えばSBI銀行・楽天銀行の口座を持っている夫婦間でのお金のやり取りがあるとして、

ひとつの例としてシミュレーションしてみましょう。

他名義⇒自名義へのお金の移動(振り込み)

楽天銀行⇒楽天銀行 即時入金

楽天銀行⇒他行宛 営業時間内なら当日中、時間外なら翌営業日

SBI銀行⇒SBI銀行 即時入金

SBI銀行⇒他行宛 6:00~15:00なら当日中、それ以外は翌営業日だと思われる


つまり仮にですが、家族間でお金を移動するとすると、

2017y08m10d_150535795.jpg

このオレンジの線の流れならリアルタイムでお金の流れができるという事ですね。

もし仮に、SBI証券で買いたい株があって奥さんの楽天銀行の口座に余裕資金があったとしたら、

奥さんの楽天銀行から自分のSBI銀行口座に振り込んでもらうのではなく、楽天銀行に振り込んでもらい、

SBI証券でリアルタイム入金をすると、すぐに取引ができるようです。

楽天もSBI銀行も同行間振込手数料は無料だし、いいですね。仮にね!!

楽天銀行は自動スイープにしとくと金利0.1%つくしとてもお得ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 Comments

Post a comment