今後の資産運用方針③ 老後資金を捻出したうえでセミリタイアまでにいくら貯めるか


temp20170804001.jpg

こんばんにちは。昼寝ねこです。

今後の資産運用方針を考えています。これまでに

60歳以降に必要な資産を2250万円と試算し、

そのために積立てNISA、個人型確定拠出年金、個人年金に2250万円を投資することにしました。

今回は老後資産形成をしつつセミリタイアして生活していくのにいくら必要か考えてみたいと思います。


仮に38歳で退職した場合、60歳まで残り22年あります。

60歳までは年間100万円で生活するとして2200万円必要になってきます。

これに老後に備えて投資に必要な2250万円を加えると4450万円。

現在2000万円ありますので、退職までに残り2450万円必要です。

これを38歳までの6年で貯めるとなると年間408万円の貯蓄が必要です。

僕の現在の収入はゼロ円。今月末から仕事を初めて年収400万円だと仮定すると、

貯蓄額は年300万円くらいなので足りません。まぁ退職金がいくらかもらえるかもしれないけど。

足りない分650万円をセミリタイア後、22年間でアルバイトすると仮定すると、

所得控除をフルで受けると年間30万円ほど。月2.5万円でいいことになります。

めっちゃいけそうな気がしてきました。10年アルバイトでも年65万で月5.4万円。

週3日、5時間働けば月6万円ですからね。

バイト先はセルフのガソリンスタンドと学生時代から決めています。めっちゃ楽だから。

危険物もフルコンしてるし。

もう一つの選択、40歳までセミリタイアを延長するのはどうでしょうか?

だいたいセミリタイアブログを書いてる方たちも40歳くらいでセミリタイアしてるし、

こんなもんなのかもしれないですね。

本音を言えば嫌です。僕は26歳のときセミリタイアを志し、35歳を目標にしてきました。

2年間のニート無職期間と今回のリストラから38歳まで延期しましたが、もう遅らせたくはない。

働きたくない!!しかし、

40歳でセミリタイアすると60歳までの生活資金は2000万円、老後資金と合わせて残り2250万円必要です。

8年で貯めるには年間281万円の貯蓄。僕にとっては可能範囲です。

どちらにするかはまだわかりません。この間に病気や親の健康問題等あるかもしれませんし、

仕事が合わずにまた転職するかもしれません。世界経済の影響も考えられます。

逆に、不労所得が増えるかもしれないし、経済の恩恵を受けるかもしれない。

不確定要素がたくさんある中で、資産のモニタリングと見直しをしていくことが重要だと思います。

という事で、④資産形成のチェックを考えていきたいと思います。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


0 Comments

Post a comment