Amazon プライムセール参戦。この機会に100円で買ったAmazon Dash Buttonを使って割引を試してみた。

20180704002.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

今日明日でAmazonプライムセールが開催中ですね。

欲しかったいろんなものが安く買えるチャンスかもしれませんね。

逆にあんまりこういう時に買い物をするとかえって無駄な買い物をしてしまったりするかもしれません。

僕は今回、例のAmazon dash bottonを試してみようと思い、参戦することにしました。

バジルの摘芯と2回目のピザづくり


201807151959104f4.jpg

こんばんにちは。昼寝ねこです。

世間は3連休ですね。僕は普通通り2連休ですが…

昨日は出かけていたので、休みは今日だけのような気分です。

今日は午前中はぐだぐだとぐうたらすることに全力を尽くし、

午後から活動を開始しました。

今日は『命に関わる暑さ』らしいですね。

そんな中僕は草むしりをすることにしました。

ネギの周りに草が生えて大きくなり始めていたからです。

今日はネギの畝の周りだけ草退治しておきましたが、

それ以外の場所はすでに大草原になっているので手が付けられません。

来週は刈り払機で切り刻む必要がありそうです。

草むしりとネギの土寄せは小一時間で汗だくになり、

そのあとはシャワーを浴びてからバジルの摘芯をすることにしました。

Twitterでおかしなアカウントを見つけてその意図を考えていた


20180714002.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

皆さんはTwitterを利用していますでしょうか?

僕はこのブログを始めた時にTwitterのアカウントを使い始めました。

主にブログの更新を知らせるためのもので、そこからアクセスしてくれる人もいるので、

役立っていると言えなくもないです。その他にはやることをメモしたり独り言をたまにつぶやいています。

そんで、Twitter には僕には計り知れないような不可解な存在がいることに気づきました。

今回はそんな話です。





恥ずかしながら大損して損切りすることになりました。


temp20171030001.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

3日ぶりの更新になってしまいましたがその間何をしてたかと言いますと、

現実逃避していました。

というのも優待の権利獲得のためだけに仕込んだすかいらーく株が、

1660円から1560円まで下がったため、

1000株買ったので10万円の含み損になっておりました。

それに加え、牛丼チェーンの株価が下がったのを受けて含み益が30万円ほど下がっていたので、

アニメを見ながらプラモを作り現実逃避していたのです。

しかし昨日夢を見ました。

牛丼屋株が下げまくり高い牛丼が数十年続きそうだよ。


20180709001.jpg 

こんばんにちは。昼寝ねこです。

今日は日経もダウもあげていたのに持ち株はトータルプラマイゼロって感じでした。

原因は牛丼株が下がったせいです。

吉野家の決算がずんどこだったのが理由で他の牛丼株も下がったようです。

牛丼株が今日だけで8万、トータル20万円ほどの含み損になっております。

牛丼屋は安定株だと思っているので売ろうとは思いませんが、ちょっとショックですね。

【節約】はじめてのピザを作ってみた。

20180708163319d1e.jpg

こんばんにちは。昼寝ねこです。

今日はやろうやろうと思っていてなかなかやらなかったピザづくりをすることにしました。

やろうと思っていても、あ~。めんどくさいなぁ~。と思ってグダグダと動画みたり、

本を読んだりしてると終わってしまう休日。しかし今日は本気出しました。

やってみると思ったより簡単だったので記録して紹介したいと思います。

工場という場所をあなたはどう連想するでしょうか?

20180707002.jpg

こんばんにちは。昼寝ねこです。

まず工場の話をする前にあなたはスターウォーズを見たことがありますか?

エピソード1から6まで(その後続編が出ていますが)の作品なのに4から始まり、

どこから見るのが一番楽しいのかよくわかりません。

放映順なのか、歴史順なのか…見方でとらえ方も変わると思います。

ふとしたきっかけで好きな小説を引っ張り出して会社の昼休みに読んでいたんですよ。

今回読見直したのは本多孝好のMemoryという本です。

2005年、大学生の時にMomentという本を買って読みました。

主人公も同じ大学生で、歳は違いましたが主人公と同じ目線で本を読んだわけです。

それから7年後にスピンオフ作品のWillが発売されました。

実際の年月と同じ年月を経た主人公と幼馴染の女の子は29歳になっていました。

Momentはミステリー要素の強かった話でしたがWillでは、

スピンオフ作品として主人公と幼馴染は交際しているようだけどなかなか進展しない、

そんな甘酸っぱいストーリーに、当時結婚するかどうかで悩んでいた自分を重ねて読んでいました。

その後発売された短編集のMemoryでは、主人公と幼馴染と以前に関係があった人物を焦点に、

過去の主人公と幼馴染をすこしだけ登場させるという、読者の心をわかってるなぁ~、

という展開がたまらなく面白いんですよ。

そして最後の章で現在の主人公と幼馴染がどうなっているかというシーンに触れるんですけどね。

そこで「あぁ、幸せになってくれてよかったなぁ」と泣いてしまうんですね。何回読んでも。

それで考えてたんですよ。まずは一度は発売順に読むことは大前提として、

Moment →Memoryの1章から3章を読んで→will→そしてMemoryの最終章を読むのが、

一番いいんじゃないかなぁと…まぁ僕以外にはどうでもいいですよね。

ただね、7年たってから姉妹作をだして、短編出してちゃんと完結させてくれる。

そんな作者さんの作品への愛を思うとなんだかそんな人の作品をずっと読み続けたことがとても嬉しく感じます。

前置きが長くなりましたがそれはさておき、

今回僕が書きたかったのはですね、自分の今の立場によって捉え方は変わるということなんですよ。